ブログトップ

きばやん日記

kibayan.exblog.jp

宝塚市在住のJAZZピアニスト、作曲家です。関西を拠点に全国各地で演奏しています。カメラが好きなので写真中心のブログです。大学でJAZZを教えています。レッスンはHPよりご連絡下さい。

<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

みなさんお元気ですか?
ブログの更新、久しぶりです。

息子は5ヶ月になりました。
こうやって、今まで育ててもらったのだなと、はじめて気付くことばかりです。両親に感謝します。

今日は離乳食教室。
待ち時間ずっと星祐と二人で
過ごしました。二人で遊びながら
いろんなことを考えました。
息子が成人するころ、
僕は還暦です。
なんてことでしょう。。
それまで元気で頑張らなければ。
その20年後の事について、
この地球は日本は
どうなってるのだろうかと。
たった70年ほど前。
戦争していたことを
忘れないように。

僕が毎回演奏する
「風の歌」は何年前でしょうか?
尖閣諸島で中国の漁船と海上保安庁の
船が衝突したニュースを見て、
書いた曲です。


風は国境を越えて
全ての人に吹きつける。
丸い地球の上に立てば、
そこはいつも「真ん中」で、
この地球に右も左もない。
という歌詞の内容です。

そして最近自己のユニット
「風色」に、
僕が作詞作曲した曲
「星降る夜に」
は東日本大震災の後、
感じた事を歌にしました。

夜がそこまで来ているんだよ
夜は暗くて悲しいけれど、
その暗闇の中で私達は
なんとか正気を保ち、
心を再生している。
月は潮の満ち引きを支配し、
太陽はオレンジ色に空を染め、
そんな美しく厳しい自然に
私達は身を委ねるしかなく
それこそが、この青い星を
正しく導く力。


祖先の類人猿から
社会性のある動物なわけで、
Facebookしかり、
他人と繋がってるいることが、
私達の拠り所なのは、
きっと遺伝子のせいなのです。
ただ大量殺戮をするのは
文明を持った人間だけなのです。
世界情勢は緊迫して、
政治は私利私欲にまみれ
混迷を極める今、
音楽は美しい事を
正義とするならば、
綺麗事かもしれませんが、
国籍や人種の違いで争う事を
きっぱり否定して、平和な世界で
ありますように、その事を想って
音楽をしようと思っております。
それが正しか間違いではなく。

自分自身はほんとにたいした
人間ではないです。
せめて音楽にはそのように
向き合えたらと思うのです。
イマジンに敬意を。
[PR]
by kibayan3 | 2014-03-21 02:27 | Comments(0)