ブログトップ

きばやん日記

kibayan.exblog.jp

宝塚市在住のJAZZピアニスト、作曲家です。関西を拠点に全国各地で演奏しています。カメラが好きなので写真中心のブログです。大学でJAZZを教えています。レッスンはHPよりご連絡下さい。

【趣味のお話】釣りについて

まいど。最近あまり行ってないんですが、昔から
かなりの釣り好きでして、もう季節もええ感じやし、
今月の末あたりに近くの宇治川へ釣りに行こかいなぁと
思ってます。僕の家は京田辺にあるんですが、車で
東へ東へ山道を走ると40分程で宇治川に出ます。
天ヶ瀬ダムのちょっと下流のあたりが、一番のお気に入りです。
週末に行くとそのお気に入りのポイントにカップルなどがいて、
いちゃいちゃしながらルアーを振り回してて、(きゃー!)なんて
騒いでおります。腹立つので必ず平日に行きます。
ほとんど誰もいません。寂しいです・・。

良くルアーでブラックバスを釣りに来てはる人がいてるんですが、
はっきり言うて、釣れません。流れが速いのと、あまりにエサになる
小魚ちゃんがウヨウヨしてるので、ニセモノには見向きもしません。
鯉やフナはたくさんいてます。ニゴイ、オイカワ、カワムツ、カマツカ、
ギギ、ナマズ、ブルーギル、などなど魚影はかなり濃く、
一通りなんでもつれます。
・・・・・が!!!
私が狙うのは、ずばり、
ビ・ワ・コ・オ・オ・ナ・マ・ズ
というお魚です。
体調1メートル。普通のナマズ君とは色も違います。
青白い色してます。顔色わっるぅーー!てな感じです。
オオサンショウウオにも似てます。
口がかなり大きく、30センチくらいのブラックバスを
一口で食べます。強烈です。

なかには僕と同じようにビワコオオナマズを釣りに
きてる人もたまにいてはるんですが、みなさん
ルアーなんです。あんまりおもろないです。
僕の持論なんですが、当然ニセモンよりホンモン、
です。普段食べてるもんを、針につけたらいいのです。

まず釣り場についてはじめにする事。
エサを手に入れなければいけません。
一番ええのは鯉です。20センチくらいのかわいいのんが
最高です。ところがこのかわいい鯉ってなかなか釣れないんですよ。
そこでその代わりになるお魚が必要なんです。
ビワコオオナマズ君が大好きなエサ。
僕は咄嗟に閃きました。(パキーン!)
確保しやすくて、しかもよく釣れる。

その名は・・・・
ブルーギル!

大きさもピッタリです。
ちなみにオイカワなどの小魚はふだんあんまりナマズくんは
食べていないし、ナマズ君、かなり動きが鈍く、小魚のすばしっこい
動きに全くついていけません。かなりブサイクなんです。

まずエサになるブルーギルですが、ミミズちゃんで釣ります。
水面をじーーっと凝視してるとブルーギル君が見えるので、
その鼻先にミミズちゃんを、ほーれ!ごはんですよー!
と流してあげます。糸が太かろうが、針が見えてようが、
ブルーギル君かなりのアホなので、すぐに食べてくれます。
めっちゃ簡単です。この時必ず前もってお水をいれたバケツを
用意してください。で、釣れたブルーギルを確保!

さてこれでナマズ君との闘いは準備完了。
ものごっつい竿と、めっちゃ太い糸と、でっかい針を用意します。
ブルーギル君は元気さが命。口の硬いところにひょいっと針を
かけます。ピンピンしてるはずです。宇治川の水中を元気よく
泳ぎ回って、ナマズ君にがんがんアピールしてくれるはずです。
いざ仕掛けを川に向かって投げ込むわけなんですが、
問題は周りに居る釣り人の目です。
誰もいてないのも寂しいんですが、隣に人がいると
必ず変な目で見られます。
 (こ・こいつ、、、ブ・ブルーギルは、は、はりに掛けとるで。
 アホとちゃうやろか、そんなもんで何も釣れるわけあらへんがな
 こいつ絶対きれとるで!)
このように頭の中でつっこまれるのは間違いありません。
宇治川でそんな釣りするのは僕しかいてないのです。
しかし!彼らの軽蔑のまなざしが5分後には
必ず尊敬のまなざしに変わるのです!

仕掛けを投げ込んだら、後は糸を軽く張って待つだけです。
石畳の河原に横に置いてある竿の先をじーーっと見てるだけ。
たまに竿先がピクンピクン動くのはブルーギル君が元気な証拠。
ナマズ君に(おいしいよ。早く食べにおいで!)と語りかけるのも
お忘れなく。かなりアブナイ人になってますが気にしないように。
と、突然!!!!
竿がガリガリッーー!という音を立てて、水中めがけて引きずられるようにして
動きます。ここで慌ててはいけません。糸を送り出して充分ナマズ君に食事を
させてあげます。グーーンとさらに手応えがあって竿と糸が一直線になった
その時!! 竿を立てて、ナマズ君のおそろしく固い口に針を突き刺すのです。
残酷なんて言うてられません。
その瞬間ナマズ君はものすごい勢いで上流めがけて泳ぎ出します。
この時に自分も一緒に河原を上流に向かって歩きながら、
糸が切れてしまわないように、少しずつ糸を出したり巻いたりします。
後は根気です。5分もすればさすがのナマズ君も多少くたびれてきます。
そこで一気に勝負です。しかし水面に巨大な影が見えてから、
ナマズ君は最後の抵抗をします。ごっつい頭を右に左に振って
暴れます。一人で行ってた場合は右手に竿、左手に玉網を
持ってかなり必死です。充分空気を吸わせて、弱ってから
ようやく玉網の中にGET!!
全長1メートル。青白い巨体がついに僕の腕の中に
収まる瞬間、感動!!感動!!
そして周りの釣り人や通りがかりのおじさんが
ポカンと口を開けたまま僕とナマズ君に歩みよって
くるのです。あぁ・・・この快感。まさに(JAZZ)  なんのこっちゃ。

おわり
[PR]
by kibayan3 | 2007-06-20 17:36 | 趣味の話 | Comments(4)
Commented by てすっち at 2008-01-23 23:32 x
突然の書き込み失礼します。
ふと思い立って「木畑晴哉」で検索してここにたどり着きました。

ふと思い立ったというのは、正月の「のだめカンタービレ」を見ていて、
「そういえば小学校の時にクラスにめちゃピアノの上手い子がおったなー」
ということで、おぼろげに覚えていた名前で検索をかけたらここに……。

小学校名を書くのは自粛しますが、松沢池でブルーギルを釣っていた木畑君ですか?

人違いだったらすみません。

今後もお体に気をつけながら、ますますご活躍ください。
Commented by きばやん at 2008-01-25 02:47 x
こんばんは。のだめカンタービレ面白いですね。
ありがとうございます。
松沢池懐かしいです。穂積小学校の同級生かな?
もし差し支えなければ、お名前教えていただけると
嬉しいです。
Commented by てすっち at 2008-01-28 22:26 x
人違いじゃなかったみたいです(*^。^*)

覚えてないかもしれませんが、むらかみです。
残念なことに音楽に疎いので申し訳ないです。
ビッグになっていてびっくりしましたが、体調がすぐれないようですね。
詳細わかりませんが、ゆっくり治してくださいね!
Commented by きばやん at 2008-02-27 04:17 x
むらかみさん?むらかみくん?
もしよかったらフルネーム教えていただけませんか?
4年生の時に転校してしまって、記憶が途切れ途切れで
いつも悲しくなります。色々思い出したいので
教えていただけると嬉しいです。